いのちのたび博物館 歴史友の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの更新です・・・

<<   作成日時 : 2010/09/21 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 みなさま、ご無沙汰しております。
といいながら、このブログをチェックして下さっている方はまだおられますでしょうか・・・。
 たいへんご無沙汰しております。1カ月ほど海外に行ったり、様々な事情で更新が遅れました。

 さっそくですが、友の会であった最近のニュースを載せたいと思います。8月の講演会は残念ながら欠席でした。どなたかご感想をお送りくだされば、と思います。

【9月の講演会】

 9月の講演会が開催され、平城京遷都1300年記念ということで、奈良文化財研究所副所長の井上和人先生にご講演においでいただきました。話はかなり!興味深いものでした。

画像


 井上先生が整理したところによると、平城京遷都の理由については以下のいくつかがあると従来言われてきました。
◆藤原京が狭かったので、より広い平城京へ移動した
◆新都を建設しなけれ場ならないという強迫観念があった
◆藤原京の環境悪化
◆交通の便の改善
◆不比等が孫にあたる首皇子(のちの聖武天皇)のために新しい都をつくりたかった などです。

 しかし、平城京への遷都はけっして上記のような理由ではなかったといいます。
平城京は、東アジア世界の熾烈な国際政治情勢、とりわけ隋唐帝国のとった華夷思想にもとづく征服戦争継続という状況の中で、国家の存続を図った当時の我が国の政権の、必死の施策の産物であった。
ということでした(パワーポイントよりそのまま抜粋)。
 多くの資料を使って、とても丁寧にかつおもしろくお話をしていただきましたので、みなさんもずいぶんと盛り上がっていたようでした。ちなみに当日の参加者は157名。暑い中皆さんおつかれさまでした。



【秋の奈良への見学会】


 10月1日夜から10月3日朝までにかけておこなわれる関西への遺跡見学会の行程が決定いたしました。
今年は井上先生にお話しいただいた平城京を訪ねる旅です。
 
 行き先:元興寺国宝禅室公開・古材展示見学、平城京遷都1300年祭会場、天理参考館(山内紀嗣先生ご案内)です。もし時間に余裕があれば、黒塚古墳展示館などにも行くかもしれません。
 今年は希望者も多く、72名ということですので、あちらではバス2台になりました。
みなさま、今年も楽しい旅行にいたしましょう!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 昨日、ここを初めて(他のブログでもありません)使ってみたのですが、多分往信できなかったのではないかと思います。今日ブログを開いたら、2007年3月分が出ていて、そこにコメントの仕方が載っていたのでまた挑戦してみようという気になりました。
 私は今年5月にこの会に加入した者です。講演にはあまり行っていないのですが、遺跡見学には極力行くようにしています。とにかくいろいろ興味を引かれています。6月の遺跡見学では、自宅の近くにこんな前方後円墳が在ったのかと気づかされ、でも誰が造営したのだろうかと思いを馳せてみたり、瀬戸内海方面への情報発信だと聞いて、なるほどと思ったりしました。そのバスの中で、宮元先生が言われた八女の筑紫の君磐井の墓といはれている岩戸山古墳が彼の墓とは考えられない。今それを研究しているということを聞き、興味を持ち、そのレポート(?)が載った雑誌を奈良から取り寄せ読みましたが、理解力が乏しくいまいちわかりませんでした。
 奈良の見学にも参加しました。特に天理大の教授から説明していただいた参考館は普段行けない所なので感激でした。今後ともよろしくお願いします。
風のごとく
2010/10/26 10:35
風のごとく様、コメントありがとうございます。11月の見学会にはご参加になりましたか?私は諸事情で行けず残念でした。ブログの更新がかなり遅れ気味ですが、ご活用ください。
 これからもよろしくお願いいたします。
miyamoto
2010/11/14 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの更新です・・・ いのちのたび博物館 歴史友の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる