いのちのたび博物館 歴史友の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/10(土)の講演会の感想

<<   作成日時 : 2007/03/11 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 3/10(土)に開かれた講演会での間壁葭子先生のお話は大変興味深いものでした。悪天候にもかかわらず、会場は満席!熱気であふれていました。
とくに弥生の絵画土器の鳥人と、中国の医薬の神様、扁鵲(へんじゃく)の関係についてのお話はとても刺激的でした。
 鳥人が祭祀をつかさどる司祭だということについては、いままで一般にいわれてきたのですが、具体的に何をしたかについては、「再生の祭り」「豊作を祝う祭り」などといわれ、今いち”ピンとこない”論が多かっただけに、目からウロコ!でした。
 友の会会員の皆さんにもとても喜ばれていたようでした。とても勉強になった講演会でした。
 また、友の会幹事の皆さんには会員更新手続きや会場の受付、設営など、ずいぶんお忙しかったことと思います。お疲れさまでした。
 
 さて、今回お話の中心になった間壁先生のご著書については、いのちのたび博物館に1冊寄贈されたのことですので、博物館に来られて歴史課の職員に言ったらきっと見せてもらえるでしょう。
 また、調べたところ、北九州市立中央図書館にはおいていないようですが、行橋市の図書館にはあるようです。

↓『古代出雲の医薬と鳥人』 学生社 1999年 2310円(税込み)

画像


ちなみにインターネットでも買えるようです。
 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/249-9894667-7289116?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%8C%C3%91%E3%8Fo%89_%82%CC%88%E3%96%F2%82%C6%92%B9%90l

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
miyamotoさん こんにちは
昨日 真壁先生の講演会に行き,友の会にブログのあることを初めて知りました.早速見させていただきました.講演会の記事がもう出ているのでびっくり.しかも更新が夜中の1:58 頭が下がります.
私も小さな会(津屋崎郷土史会)のホームページを担当していますが,更新のご苦労はよく分かります.早速貴ブログを紹介させて頂きました.
今後ともよろしくお願いします.
turiten
2007/03/11 11:04
turitenさん、初コメントありがとうございます!津屋崎郷土史会さんのホームページは私も時々見ていたので、光栄です。写真が多くて活動の様子が伝わり、とても素敵なホームページですね。
こちらこそ、今後よろしくお願いいたします!
miyamoto
2007/03/13 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/10(土)の講演会の感想 いのちのたび博物館 歴史友の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる